Biography

<許可なくダウンロードされる、また、SNS等へ転載される事は違法行為となりますのでご注意下さい>


WITHDOM(ウィズダム)

VO:ROY、Leader & VO:SMOOTH、VO:Ryo、Rap & Cho SHVNYA(Left to Right)


京都観光おもてなし大使としても活躍。

YouTube総再生回数3,200万回のRyo、役者デビューを果たした最年少ボーカルのROY、元大学空手日本一に輝いたTikTokフォロワー8万人のSHVNYA、作詞作曲を手掛けるWITHDOMの司令塔のリーダーSMOOTHの4名によるボーカルグループ。

2020/9/23よりスタートした6ヶ月連続配信リリースが6作品連続でiTunes Store R&B Singleチャート1位、MVチャート6作連続1位を獲得し、2021/5/30にリリースのデジタルフルアルバム「Synergy」はiTunes Store R&B Album Chart 1位を獲得し、iTunes Chart 合計18部門で1位を獲得した話題の作品となっております。

日本テレビ系列の「NNNストレイトニュース」ウェザーテーマ、ファミリーマート店内放送でのオンエア、日本テレビ系列「バズリズム02」あの人ランキング1位、第一興商10月度DAM★HOT、「川島・山内のマンガ沼」エンディングテーマ、全国のROUND1で「White night」MVがオンエア、「妄想バラエティ キャラボーン」エンディングテーマ、「かまいたちの机上の空論城」エンディングテーマに起用されるなど、その活躍が全国へ広がっている。

また、2021年1月1日には数多くある松任谷由実の楽曲の中で名曲の1曲と呼ばれる究極のラブソングを、WITHDOMがR&Bテイスト、そして、京都結成のWITHDOMならではの侘び寂びを感じるアレンジで、巧みなボーカル・コーラスワークで原曲の美しさを損なうことなく再現した「A HAPPY NEW YEAR (カバー)」をリリースしている。

そして、2021年3月20日には、WITHDOMOVIE第一弾のKing Gnu「白日」を公式カバー配信し、iTunes Store R&B Chart 2位を獲得し、話題となる。


2021年DJ兼TalkboxのMr.K9が6月で卒業し、7月から新たに4人編成のVocal GroupとしてRe-StartしたWITHDOMの今後がますます目を離せない!


=====


A vocal group that is also active as a Kyoto tourism hospitality ambassador.

Vocal Ryo has been played 32 million times on YouTube.Rapper SHVNYA has the best track record in Japan as a former university karate and has 80,000 TikTok followers.

The youngest vocalist ROY made his debut as a stage actor, co-starring with Daiki Miyoshi who appeared in "Touken Ranbu".Leader SMOOTH is active as a command tower of WITHDOM, such as being in charge of writing and composing WITHDOM.

The 4th full album "Synergy" released in 2021 won the 1st place on the iTunes Store R & B Album Chart. A total of 11 songs recorded in "Synergy" won the 1st place in 18 categories in the iTunes Store and became a hot topic.

They have released a cover video of famous Japanese songs and famous overseas songs on YouTube under the title "WITHDOMOVIE".

After covering "One Bended Knee" by Grammy artist Boyz II Men, the cover video was praised on Instagram by the Boyz II Men members themselves.

In collaboration with Keifuku Electric Railroad, which has a history of 120 years in Japan, YouTube Live was held at the platform of the station against the backdrop of the popular Instagram spot "Kimono Forest" at Arashiyama Station, and it became a famous spot on Instagram. Collaboration became a hot topic.

It has been featured in many media as an ending theme with Japanese TV stations, and is becoming more popular as a vocal group representing Kyoto.